FC2ブログ

現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

オシドリのかなり纏まった数が自宅からそう遠くない場所で見られるというので観察に出掛けてきました

現地に着き実際にオシドリを見るまでは木々に囲まれた薄暗い所などかと思いを馳せていたがその場所は足元も良く雨水調整池と云った感じのこじんまりとした場所だったのでチョッと拍子抜けした感がありましたが良いものが見られました。

和名:【オシドリ】      カモ目  カモ科    TL 41-47 cm WS 68-74 cm      属名 Aix      種小名 galeiculata
英語名    Mandarin Duck
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     オシドリ♂といえばご覧のように色彩豊かでド派手感じがします


     この時期は寒さまっただ中ですがすで彼らにとっては恋の季節に入りつつあるようです


     この二羽はすでにカップルが成り立っているようですね


     ここには二羽の♂が参加しており頭部を上下に盛んに振る様子が見られました.


     オシドリは色彩もとても魅力的ですが各羽衣の形も独特で楽しませてくれます、今回初めて知った?のですが単純に
     尾羽に見えていたのは「三列風切り」で「銀杏羽」と呼ばれていることを知りました(あぁ、恥ずかしい)


     ここからはお約束のダイナミックな「パタパタ」です。


     ここまで飛び上がったのは初めて撮りました(ヒレかきが見える)


     カモの羽ばたきってスゴい風圧なのが水面の模様で判ります。、


     水面が沈んでいるというか凹んでいます。


     この池の番頭さん的なカイツブリです(一羽だけ)


     ・・・なのか、そうでないのかオシドリのパタパタを見守っています(笑)


   基本的にオシドリは夜行性なので日中はあまり観察に向かず葦や木々の奥に入り寝ていています、午後はゆっくりと水面に
   出てきて羽づくろい等で賑やかです、この日観察に行った目的は日が落ちて集団で何処かへ主食の木の実(ドングリ系)を
   食べに行き、夜明けまでに帰ってくると聞いていたので飛び出しを見に行ったのですが残念ながら撮影は出来ず、飛び出しは
   一時鳴き交わしたかと思ったらそれを合図?に17:40に一斉に北方面に飛んで行きました、明るい内にカウントしたら55羽
   居て奥の方や水門側にもまだ居たようなので70羽以上は居そうでした。
                                           2019 Fev.3  撮影地 :神奈川県横浜市青葉区

                  Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM
                         
                          New "パピリオの ロマン+α"
                                       
                   今年からこんな新Blogをスタートします、宜しかったら見て下さいm(__)m     




今期は何時も見かける?場所ではトラツグミが入らなかったようで何処かで見れたらなぁ・・・・と思っていました
羽衣の色合いと良い、綺麗な柄のパターンと良い、渋い系統ですがトラツグミはとても魅力的な鳥で見ていても楽しいトラダンスと
いい、毎年、出会いたい鳥の一つで今期も願いが叶いました。

【和名:トラツウミ】       スズメ目   ツグミ科       全長 29.5 cm    属名 Zoothera        種小名 dauma
英名 Scaly Thrush

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     トラツグミってツグミの仲間にしてはオットリで好感度、高いなぁ・・・・・


     この観察していた場所には少し前には2羽のトラちゃんが居たそうですが・・・・1羽だけでした。


     恥ずかしがり屋なのか後ろ向きが長かった・・・・後ろ姿も中々です


     足元の木の実は集めたわけではなさそうですが何故か纏まってありました


     足元の枝はやらせではありません、自然のまんまです(笑)   


     何故か視線が合ったような・・・・・好奇心が強いので何かを見つめるとキョトンと見えます


     何の木だろう? アオキでもないし・・・・でも綺麗だからまぁ良いや。
                                            2019.Fav.3   観察地:高津区東高根公園
                            SONY Cyber-shot DSC-RX10IV  

                      New "パピリオの ロマン+α"
                                   
             今年からこんな蝶のBlogをスタートしましたので宜しかったら見て下さいm(__)m

自宅からほど近い場所に「ミコアイサ」の♂♀が入ったとのことで出掛けてきました
この池は昨年、メジロガモが初めて観察された私にとっては由緒ある?場所で今期も他種のカモも多く楽しめそうです、またこの池には気まぐれ?ですがメジロガモも戻って来ることもある場所であわよくば双方が見られれば良いなと暢気に思いを馳せながら出掛けて見ました、現地には少数のCマンがおり見た目緊張感がないので容易に出ていないのはすぐに判かりました(笑)
周りにはハシビロガモを始め他のカモたちは殆ど葦の陰で寝ている状態でしたが幸い近くに私の好きな「オカヨシガモ」の小群がおり盛んに潜って採餌していたのでそこから撮影を始めました。

【和名:ミコアイサ】       カモ目   カモ科       全長 38~44cm    全開長 55~69cm      属名 Mergus        種小名 albellus        英名 Smew
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     しばらくオカヨシガモを撮影してその後Cマンが集まっているところに行ってみると・・・・


     何やら正面の葦の陰で寝くさっているとのこと、結局お出ましになったのは到着から2時間後でした。


     まぁ、何とか目が覚めてくれてその後は丁寧な羽繕いが始まり節目には確率的にお約束の「パタパタ」を
     してくれるので集中していたら・・・・・バッチリ!!


     可愛い♀も負けじとパタパタ!!   出来れば飛びものが撮りたかったなぁ・・・・・


     頼みもしないのにワザワザ岸に上がって美脚まで披露してくれました(笑)


     珍しく連続でパタパタしてくれ大サービス!!


     個人的に思うんですがミコアイサは他のカモより「パタパタ」をする頻度が高いような・・・・・


     見た目、羽衣が白がベースなせいかとても気品があるように思いますが如何でしょうか・・・・・人気があるのが頷けます。
                                            2019.Jan.14   観察地:横浜市 新横浜公園

               Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM  

                      New "パピリオの ロマン+α"
                                   
             今年からこんな蝶のBlogをスタートしましたので宜しかったら見て下さいm(__)m

暮れのある日、フクロウと出逢いました・・・・
この日は日差しもあって風も無く気温も若干高めだったので昼食を早めに済ませボチボチ越冬体制に入ろうとしている蝶の様子を見にとある自然の残る林に出掛けた時のことです、そこで偶然フクロウと出逢いました、今まで何度かフクロウと出会っていますが一番印象に残っているのは八ヶ岳の雪原での出会いで遠くを静かに低空を飛ぶ姿を見たときでした、ここ数年私は見ていませんが埼玉の名の通った公園内でも子育て支援されていて例年、無事雛が巣立っているようです、ただ今回は極秘にしていたといった事ではなく、偶然居合わせたごく数名のの方のみで全く他のカメラマンも居らず静かな環境下で枝被り等もなく一定の距離を置き観察が出来たことはとても喜ばしいことでした、ただ悲しいことにこの観察した翌日?に近くで交通事故に遭ったとの知らせを地域の友人から聞いた時には正直とてもガッカリしました、フクロウは神奈川県下では準絶滅危惧(NT) であり、個体数も多くないので何とも複雑な気持ちです、このblogにも一時掲載は見送ろうかと思ったのですがあくまでも生前の記録としてUPしたいと思います。

和名:【フクロウ】      フクロウ目  フクロウ科    TL 50 cm WS 95-110cm      属名 Strix      種小名 uralensis
英語名    Ural Owll

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!



     この絵からも伝わってくるように極端に警戒するわけでもなくフレンドリー?な個体でした。




     羽を広げるとこのようにかなり大きいのが判ります。





      狭い谷戸なので冬の陽が早くも陰りはじめると少し靄っていました。






     一時、小さな池から魚のようなものを捕って食べたのが見えましたがアッというまで撮れませんでした。




                2018 Dec.13  撮影地 :神奈川県横浜市内

   Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM
                         
           New "パピリオの ロマン+α"
                        
    今年からこんな新Blogをスタートします、宜しかったら見て下さいm(__)m          


      新年明けましてお目出度う御座います

             本年もどうぞ宜しくお願いします


さて新年を迎え、まず初めの題材はと色々考えたのですが少ない資料?の中からこの時期にはやっぱり地元のこの鳥が相応しいとかなと思い「ヤマシギ」を選びました、今期ヤマシギの入る湿地帯の葦の刈り込み整備が若干遅れ気味だったので個人的にチョッピリ気を揉んでいました、心配だったのはヤマシギが3月中旬に帰るまでの滞在場所が整って居らず来ても何処かに行ってしまわないかと老婆心でした、結果的には取り越し苦労で管理の方々のご苦労の甲斐もあり、ヤマシギは12月には既に現地入り??していたと噂には聞いていました、その後12月に入りチラホラと目撃例が聞こえ始めて慌てることでもないので年明けには元気な姿が見れるものと思っていましたが私が丁度、オジロビタキの観察で園内に居合わせた際、出ているとの一報で行ってみるとかなり好条件で2羽が見られとてもラッキーな日となりました、これからも日によっては見ずらい日もあるかと思いますがまた足を運んでみたいと思います
ヤマシギは大勢の皆さんが楽しみにされており、帰る日まで是非、元気で過ごして欲しいと思っています。

【和名:ヤマシギ】       チドリ目 シギ科       全長 33~35cm    全開長 56~60cm      属名 Scolopax        種小名 rusticola        英名 Eurasian-Woodcock

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     この日はサブのシステム、SONY RX10IVで撮っていますがしっかり解像していて私のメインレンズより良いかも(笑)     


     毎回思うのですが同個体?とすれば現地の餌がある場所などは学習しているのだと思うのですが・・・・・


     この時は盛んに餌のミミズ?を掘っていてたまに休憩に入るとドヤ顔?のようにも見えますが・・・・


     休憩時羽繕いが済んでもしやと思ったら・・・・・・


     こんな大サービスを見せてくれました・・・・ラッキー!!   やはり集中してなくちゃね(^_-)


     こんなお澄まし顔も時には良いね・・・・


     キザハシの最深部?ですが保護色で見た目には全く判りません。


     この時が一番近くまで来てくれました・・・それも2ショットで。
      私的には個体の大きさや色合いを見た感じペアのように見えなくもないのですが如何でしょうか・・・・・
                                              2018.Dec.27   観察地:横浜市戸塚区

                            SONY Cyber-shot DSC-RX10IV

                        New "パピリオの ロマン+α"
                                    
                 今年からこんな新Blogをスタートします、宜しかったら見て下さいm(__)m

一年が経つのが肌身にしみて早くなってきました、ついこの間、年末のblogを書いたかなと思ったのですがあっという間の一年でした、鳥見で云えば4月中旬から長崎空港~九州最南端の野母崎で折り返し、陸路懐かしい諫早干拓経由で有明海沿いを走って、春のシギチの渡りが始まっている国内最大級の中継地(大授搦)を訪れました、その後帰浜後の5月には予てから思いがあって一度訪れたいと思っていた「三宅島」を訪れ、固有種のアカコッコや渡りのウチヤマセンニュウ等、出会いを楽しんできました
今回UPしたズグロカモメは在庫に埋もれていた?もので関東では珍しい?部類ですが九州では数*単位で越冬していますので
一度は目に焼き付けておきたいシーンです。

【和名:ズグロカモメ】      チドリ目 カモメ科    全長(翼開長) 29-32cm(87-71cm)        属名 Larus saundersi     英語名 Saunder's Gull

        【この画面をクリックすると1000×690の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!












     今年も三番瀬にはズグロカモメWが来ているとblogで紹介されています。
                                       2018 March.7  撮影地 :千葉県船橋市 三番瀬

               Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM
                         
      この一年、当Blogに足を運んで頂いた皆様
                       本当に有り難う御座いました
                ご家族お揃いで佳い年をお迎えになって下さい

                
                    パピリオの花の blog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ